女性器の愛撫

女性のからだのすみずみまでじゅうぶんに愛撫したと確信したら、いよいよ女性器の愛撫になります。
ここでもいきなり「潮を吹かせよう」などと思って指を乱暴に膣に差し込む、などの行為は厳禁です!
羽のような軽いタッチで、敏感な箇所を軽くなぜていく、そうした気遣いが彼女の心を感激させ、感じさせるのです。

女性器の愛撫法

女性器への愛撫は、他の箇所の愛撫に比べてとても「楽」です。
というのも、女性器は基本的に性感帯が露出した箇所であり、どう触っても、痛くしない限りは必ず気持ちよくなるからです。
ただし、その「気持ちよくなる」快感のカーブは、他の箇所をどれだけしっかりと愛撫して、女性の性感を高めていたかによって大きく異なります。
ですから、女性器への愛撫は、他のすべての箇所を丁寧に愛撫して女性の性感を花開かせてから、最後にとりかかるべき場所なのです。
間違っても、最初にいきなりパンツの中に手を入れて乱暴に触る、などの行為には及ばないように。
そうした荒々しさは、たまのスパイスとしてはいいかもしれませんが、基本的には女性はあまりそうした乱暴な行為を好みません。
女性は、身体をすみずみまで愛してくれる人にだけ、はじめて秘所をみせようという気持ちになるのです。
そして、女性器を触るときも、膣内やクリトリスに触るのは、できるだけ焦らせるあとに行って下さい。
その焦らしに女性が耐えかねて、愛撫を懇願してくるようになってはじめて触るようにしましょう。

それでは、女性器の愛撫の仕方です。

  1. まず、手のひら全部を使って女性の股間を覆うようにし、ゆっくり圧力を加えるようにして下さい。その時にはクリトリスを圧迫するようなイメージで。でも、直接は触らないことが重要です。クリトリスから恥骨をぐぐっと押してあげるようなイメージで手のひらを押し当てるのです。
  2. クリトリスを包皮の上から軽くつまんでみましょう。クリトリスは直接触るのは刺激が強いので、包皮の上から人差し指と中指でぷにぷにとつまんであげると効果的です。
  3. クリトリスの包皮をむいてみます。その時に乱暴にせず、恥骨の部分の皮膚を上にずらすようにして自然に包皮がめくれるようにします。そして、むき出しになったクリトリスには絶対に触れず、息を吹きかけるぐらいの刺激を与えて下さい。そのぐらいの刺激でも女性はじゅうぶん感じます。
  4. 小陰唇を上から軽くなぞってみましょう。小陰唇にも快感スポットがある上に、クリトリスにもその刺激が伝わるので、女性を感じさせる効果があります。
  5. 膣口を左右に開いたり閉じたりするようにしてみます。これは膣の入口に刺激がいくと共に、やはりクリトリスへも刺激がいくので、女性の羞恥心を刺激するのと快感の両方を与えることができます。
  6. 女性がじゅうぶんに興奮し、クリトリスが勃起してきたら、唾液などで湿らせた人差し指をクリトリスに置いて圧迫しながら、小陰唇を親指と中指で撫でるように愛撫します。こうすることで、クリトリスと小陰唇の両方に快感が伝わり、女性は体を大きくのけぞらせることでしょう。

ページトップへ