乳首の愛撫

頭部から上半身をゆっくり丁寧に愛撫した段階で、おそらく乳首は勃起した状態になっていると思います。
もしそうなっていなければ、まだ上半身の愛撫が足りていない、ということなので、上半身の愛撫を行って下さい。
そして、乳首が勃起してきたら、ようやく乳首への愛撫の開始です。
ここでも、いきなり乳首をつまんだりするのではなく、周辺からソフトに行っていくことが大切です。

乳首の愛撫法

間違ってはいけないのは、乳首はいきなり強くつまんでも痛がるだけで、性感を高めるどころか冷めさせてしまいます。乳首を触る時には順番を踏んで、徐々に強く触るようにして下さい。

  1. まずは乳首の周辺、乳輪をやさしく触ってあげましょう。人差し指の腹の部分で乳輪を円を描くように、触るか触らないかギリギリのタッチで触って下さい。
  2. 乳首の周辺をさすってあげると、徐々に乳首が勃起してきます。そうしたら乳首を親指と人差し指でつまみ、軽く力を入れてみてください。これで乳首の先端から側面までまんべんなく刺激できるので、乳首の快感が子宮に届いて女性は大きく乱れます。
  3. 人差し指と中指で勃起した乳首をつまみ、小刻みに震わせてみましょう。乳首はバイブの効果に弱いのです。バイブレーションの効果としては、乳首をトントンと中指で軽く叩くようにしたり、人差し指の先端で勃起した乳首を軽く押しこむように刺激してあげるのも効果的です。
  4. 乳首は先端だけ出なく、その側面もまた敏感なので、中指の腹で乳首を転がしたり、親指の腹で乳首に触れながら残りの4本の指で乳房を揉むのも効果が高いです。
  5. 乳首はとても敏感な器官。勃起してくるまではできるだけ触らないようにして、勃起してきたら徐々に刺激を強めていくようにして下さい。女性の性感が高まってくると、多少強く刺激しても痛がらなくなります。でも、爪を立てたりするようなことは避けて下さい。Mっ気がある女性は少し強めの刺激が快感につながる場合がありますが、それは女性の反応をよく見て判断してみてください。

ページトップへ