上半身の愛撫

頭部の愛撫によって彼女の性感に火が着いたら、上半身の服を脱がしてあげて、上半身の愛撫に移ります。
上半身にもたくさんの性感帯がありますが、女性がじゅうぶんにセクシャルな気持ちになっていないと、くすぐったいだけになってしまい、かえって性感が低下してしまう可能性があるので、じゅうぶんに慎重に行って下さい。

肩というより、鎖骨ですね。鎖骨とそのくぼみの部分は女性の大きな性感帯になっています。鎖骨を舌で舐めあげてもいいですし、人差し指で鎖骨をそっと撫でるのも感じやすいです。また、鎖骨のくぼみは皮膚が薄く、刺激に敏感です。ここは強く触ると違和感を感じたり痛みを感じたりするぐらい敏感な場所なので、あくまでもソフトタッチで、鎖骨からくぼみをそっと撫で擦るのが効果的です。根気良く続けることが大事。

女性は脇を見せるのをあまり好みません。というのも、ワキ毛が生えていないかどうか、気になるからです。でも、脇は女性の大きな性感帯の一つ。ここも舐めたり触ったりするととても感じやすいです。一方脇腹については、愛撫がとても難しく、まだ女性の体に火がついていないと、ただたんにくすぐったいだけにしか感じません。ところが、いったん女性の性感が高まってくると、とたんに大きな性感帯に変わってきます。そのくすぐったさから性感帯へ変わるポイントを見極めることがとても大切です。じゅうぶんに女性が高まっていることを確認してから愛撫してみてください。

背中

背中は性感帯の密集地と言われ、どこを触っても女性の性感は高まります。
背中を下から上に撫で上げたりするのも効果的ですし、肩甲骨も性感帯の一つ。
愛撫とともに、軽くマッサージしてあげるのも効果的です。
肋骨の間の部分も性感帯がありますが、これは脇腹と同様、女性の性感が高まっていないとくすぐったがられる可能性があり、注意が必要です。
背中をさするときは、5本指を広げ、爪の先端で背中を上下にささっと撫でるだけで女性はとても感じやすくなります。背中の一番下、脊椎の両脇10センチにあるツボを刺激するのも効果的でしょう。

ページトップへ